私の背中ニキビ日記ZF05

  1. >
  2. あごニキビと婦人科

あごニキビと婦人科

あごニキビの原因の一つにホルモンバランスの乱れがあります。皆さんは、現代女性の中にホルモンバランスの乱れが多くなっているということをご存知でしょうか。月経が安定してくる年代なのになかなか一定周期で月経が訪れない、またあるときとない時がある、こうした月経不順が多くなっている状態ですから、ホルモンバランスの乱れによってできる事が多いあごニキビに悩む人が多いのも納得できます。

また複雑な社会となって若い世代も年令を重ねた世代も、ストレスを多く受けるようになったということも一つ、問題ですね。ストレスを受けると女性の場合、ホルモンバランスが乱れる事が多いんです。

月経が始まる前、女性の体の中のホルモンは、黄体ホルモンが優位。この黄体ホルモンは皮脂分泌を盛んにするという特徴を持っているので生理前にあごニキビができやすいという女性が多いですね。月経が終わると今度は卵胞ホルモンが優位。卵胞ホルモンはお肌をみずみずしくするという特徴を持っていますので、あごニキビも出来にくくなりますし、改善しやすくなるということです。

女性はこの月経があることでホルモンのバランスが一定周期で変化を迎えるため、あごニキビができやすいといえますし、逆に月経の時期になったら、あごニキビができないようになるべく不規則な生活をせず、ストレスを発散する行動を取る、また食生活にも気を配るといいと思います。

月経が不順、また月経がひどかったり、来るときと来ない時があると言う場合、やはり根本的に婦人科系統の検査、治療を受けてみるのも一つの方法です。ある程度の年令になったら子宮や卵巣などが健康であるかどうか、女性として知っておくのも必要なことなので、あごニキビの改善を含めて、婦人科で治療を受けてみてはいかがでしょう。